読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素人絵師が何かに挑戦するブログ

創作活動の内容や感じたことをひたすら書くブログです。

読者がアンチに変わっても、読者が離れてしまっても。

創作活動中に思った事

私が創作活動をしている中で、嫌というほど思い知らされる事があります。

それは『読者の感情の変化』についてです。

 

読者というのは気まぐれなもので、最初は私の作品に興味を持ち、何となく『作者はどんな人なんだろう?』という恐らく興味本位でSNS上でのフォローをしたり、作品を好意的に評価したり、はたまた絶賛の言葉を送ってくれたりします。

それでも飽きれば私は『ただの人』どころか、『無関心の対象』となっていきます。

それがとてつもなく悲しくなる時があります。

しかし、それは自然の流れなのだとも理解ができています。

なぜなら、私もそうだったからです。まだ創作駆け出しの5年前の事。SNSで好きな絵師や漫画家の人を見つけてはフォローし、毎日チェックして楽しんでいました。しかし、その人の活動が遅くなると存在すら忘れて、つまり飽きがきて何となくフォローを外すときがありました。

今思えば、私も同じ事をしていたのです。読者はせっかちだから、早く続きがほしいのです。

あるいは、その作者が自分の考えている『理想』とかけ離れていた場合、思ってた人と違うな…と離れていくのです。

もし熱狂的ファンだったとして、自己主張の強い人間ならばどうなっていると思いますか?

対象者に強く意見を撒き散らす行為をするかもしれません。

これがファンからアンチに変わる瞬間なのではないかと推測します。

 

こうした状況を何度も体験した私はいつも思うのです。

作者と読者は恋愛をしているようだと。

 

読者は作者の作品(外見)に惹かれ好きになり、本人(中身)に近づき熱狂的な人だとファンレター(ラブレター)を送るようになります。ひとたび、本人(中身)を垣間見て悪いほうのギャップを感じた瞬間、酷く幻滅するのです。ギャグを描いているから(明るそうに見えるから)、作者まで面白い(明るい)人だとは限りませんし、人間ですから常にポジティブ思考というわけでもありません。

それなのに、勝手に好かれて勝手に嫌われたりします。創作活動をしていると、それを何度も体験します。

私はプロでもなければ、お金を貰って活動をしているわけではないのです。本来であれば読者と同じ立場の一般人です。それなのに世間は悲しいかな、そんな事は関係ありません。読者は私の一喜一憂関係なく飽きたら去っていってしまいます。

 

ある時、私は読者の方に一度だけこんな事を言われました。

『フォロワーが多いのだから、あなたの発言には影響力あるのです。気をつけてください』と。

『いやいやいや…、ちょっと待ってくれよ。私はそんなフォロワーは多くないし、なぜ勝手にフォローしてきた素性も知れない誰かのために、無償で絵を描いている私の方が言動を控えることをしなければいけないんだよ。思った事や感じたことは書かせてくれよ。なぜそんな言葉で私を束縛しようとするんだよ』と思いましたが、言えませんでした。

 

上記の読者の話を恋愛に例えるとこういう事です。

『僕(私)はあなたの事が好きなんです。だから僕(私)の理想のあなたでいてください。言う通りにしてください。』

 

そして、こっちが否定的な返事をするとファンがアンチに変わるように、私から見て全然知らない告白してきたその人は、勝手に好きになっておいてこっちの気持ちと無関係に『なぜ僕(私)の事を受け入れてくれないんですか!』みたいな癇癪を起こすのです。

それでも当然ながら、恋愛と創作活動は全くの別物です。

恋愛は嫌いならハッキリ断れば済みます。それでストーカーになるかもしれませんが、自分の意見をハッキリ伝える事ができる分、後悔はしません。(※作者によってはバシッと言う人がいるかもしれませんが、大概そんな事言えませんよね)

 

しかし、創作活動は素人だったとしても読者はお客様扱いしなければならないような空気がなぜか存在し、余計な事を言おうものなら読者は瞬時に離れていきます。あるいは、何らかの形で陥れようとしてくるかもしれません。(※経験有。)

創作活動を通じて、私は読者よりも作者の方が立場的には弱いのだとハッキリ思いました。だから私はほとんどの読者が苦手で怖いです。私の作品を面白いと絶賛してくれたにも関わらず、作者の言動が少しでも不愉快に思おうものなら、その瞬間に作品まで嫌われてしまうのです。

数字が減るたびに、私は『どこがいけなかったのか』を探そうと必死になる方や、読者はもう既に私には関心がなく、日常を過ごします。それが怖い話だという事です。

 

上記のお話は、『そういうわけだから一切合切、読者に媚びなければいけないんだ』という事ではありません。

 

例えばピクシブに話を当ててみます。

ピクシブの評価を伸ばす為に読者のコメントや彼らの趣味思考に合った作品を、自分の描きたいものではないのに描きだす人が多く存在します。これは媚びる行為そのものです。そして作品の評価が上がるにつれ、自分の描きたいものが分からなくなっていくのです。時間が経ってから、確かに自分が描いて評価されたにも関わらず、絵を描くことが苦痛になっていくケースもネットの記事で腐るほど目にしました。

 

『私はこんなものを描く為に絵を描き始めたわけじゃない。絵を楽しいと思いながら描いていたのはいつだったのか、全然思い出せない。』

 

その思いは悲しみを生み出し、いつしか創作活動を辞めてしまう人もいるようです。

 

私も読者の評価を気にするあまり、そういう媚びるような行為を今でも多少はしています。しかし、創作活動を続けていられるのは、以前オリジナルで結果を出せていた事が基盤にあり、また自分のオリジナル作品を認めてもらえる日が来ると信じているからです。

創作活動を始めたころ、二次創作を描いた事はありませんでした。

今は原作の力を借りて少しだけ名前を伸ばしましたが、それは好きで描いていたので読者に媚びているわけではありません。と言いたいところですが、活動中に媚びる絵を描いていたのは事実です。しかし私は自分の描きたいものも並行して描いてきました。それにより、『描きたい絵』と『描いたら受け入れてもらえる絵』とのバランスが取れていたのかもしれません。

 

そして私が今でも創作活動を続けていられるのは、その過去の作品の評価と、読者が離れていかないように活動をスピーディに進めなければならないという焦りが程よい刺激となって現状活動できているのかもしれません。

 

最近では、フォロワー数が減っても何とも思わなくなりました。いえ、少し思うところはあるのでできるだけこう考えて、悲しい気持ちを軽減させています。

 

『私の作品を見れないなんて可哀相だ。これからどんどん私の名は広まっていくのに、ああ、もったいないなあ。後で媚びてきても相手にしてあげないし、いいのよ』

と思っています。意地でも何かをやり遂げようとむしろ良い刺激になる方向へもって行こうと自分に言い聞かせています。

常に自分を超えることを意識するようになれば、おのずと良い結果が得られます。

 

そして、読者の感情の変化を利用し、『その離れていってしまった読者が、再度自分の作品を評価させる』ための作戦を考えてみました。

 

恋愛での心理をこの件に当てはめながら説明します。

ある作品(異性の外見)に惚れこみ、作者(その人の中身)を追いかける読者がいたとします。その作者(その人の中身)を見れば見るほどコレジャナイ感があり、ファンレター(ラブレター)を送っていたけれど、もう興味がなくなり、さようならとも告げず、ある日突然作家(好きだった人)の前から姿を消す、という流れから入りましょう。

作家は毎日いいものを作ろうと踏ん張り努力を続けました。(恋愛で言うと、これは自分磨きといったところでしょうか)

ある日、その作家の作品は大きく評価され、大物的な存在になりました。(恋愛に例えるならば、誰かと付き合ったことにしましょう)

離れていってしまった読者にとって、その作家はもう手の届かない人になってしまいました。あの時、熱狂的にファンレターを送りつづけていたら、仲良くなっていたかもしれないのに。惜しい事をした。と読者は少なくとも思うはずです。 (あの時、もっとアプローチしていれば、自分の恋人になっていたかもしれないのに、という心理と似ているのではないでしょうか)

 

すみません口説くなってしまいました…。

ミーハーな人の場合、それこそ上記のように思うかもしれませんね。そしてまた、あの時こんな話をした私です!覚えていますか?という感じで声をかけてくるかもしれません。

そんな展開になったとき、私はドヤ顔をしたまま返信は一切しません。だって都合がよすぎるお話じゃないですか。

 

人間ってそんなものです。隣の芝生は青いのだし、ないものは手に入れたいと思う生き物です。

 

(※上記の件は、全ての人がそうではなく、こんな考え方もあるな、という程度で捉えて下さい。)

 

高飛車になれとは言いませんが、読者の数が減っていて酷く落ち込んでいるのならば、去って行った読者だった人達を見返してやると思えばいいのです。少なくとも私は、その気持ちでいます。

アンチがつくほど文句のつけようがないくらい面白いものを描いて、無駄口言えないようにしてやると思う私です。

その甲斐あって私はアンチに『絵はうまいけど~』と言わせる事に成功した過去があります。

アンチがついているのは、それだけ目に見えて人気があるという証明なわけですから、それこそ自信を持つべきかと思います。

 

読者がアンチに変わっても、読者が離れしまっても、今の私にとって大した問題ではありません。

 

 

 

今回は以上です。