読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素人絵師が何かに挑戦するブログ

創作活動の内容や感じたことをひたすら書くブログです。

漫画の無料公開は害悪だった。

創作活動中に思った事

 

現在、販売用の漫画を描いています。残り4ページほどでネームが完成します。内容はイメージ通り描けていますが、線画が問題です。

 

それで私、ここ最近までずっと読者にイライラしていました。それから漠然とした不安がありました。

その正体が具体的に何なのか、理由が分からず精神が滅入っていました。

 

その突っ掛かる疑問が明確になったのはこの記事を読んでからでした。

www.okamoto-yu.net

 

(スマホ投稿なのでちゃんとリンクできていないかもしれません)

 

これを読んで納得しました。

漫画の無料公開についてプロの漫画家さんがインタビューを受けています。それについて綺麗にまとめられており、的確な意見が書かれております。

特にこの『作者と読者の対等な関係性』という点で、私は強く共感を抱きました。漫画という品物をお金を支払い読む。この流れは、漫画というコンテンツと真っ当に向き合うために必要な手続きです。これをしないで文句を言う人がいるのは多く見受けられます。無料で読んでいるくせに文句を言うのは作者に失礼なのではないでしょうか。それを知らない書き手と読み手がなんと多いことか。

そして、最後の一文。

あなたは今、目の前のコンテンツと誠実に向き合えているでしょうか?

この言葉はグサリと心に刺さりました。私はきちんと自分の描いた作品を誠実に見ていなかったのです。無料で自分の作品を公開するというのは、こういう事なのです。無料で漫画が読めるこの時代、もう一度素人絵師、ならびに、素人作家の方は自分の作品を大事に扱うべきです。あなたの作品は本当に無料の価値しかないのでしょうか。

これをまとめてくださり、そして気づかせてくれた記事のライター岡本さんには感謝しています。この記事を読んで自分の作品と誠実に向き合い、よく考えてみることをオススメします。

(雑な紹介になってしまったので改めて訂正しました。また、リンクをパソコンから貼り直しました。)

 

話は本題に戻りますが、今まで私は気軽に漫画を無料公開してきました。

誰もが私の作品を読みに来てくれると、それだけで感激していました。まぁ二次創作ではありますけど。

しかし、描いていて不毛に思っていたんですよね。

面白い作品を描こうと思うほどに、これを描いてなんの意味があるんだと、そう思うのです。

今より評価が高くなっていったとしても、結局は無料公開ですから。

評価の数よりも、私の作品が無料の価値でしかない事に虚しくなるんです。

そして二次創作ですし、いくらランキングに上がっても嬉しいのはほんの一瞬で、しかも中途半端。漫画で一桁ランクに入ったのもたった一度きり。私が描いているのは二次の無料漫画。虚しい思いは高まる一方です。

そして、今の読者は二次創作だから寄ってきているのです。ジャンルの波が沈まれば、私と彼女たちの繋がりはいずれは無くなることでしょう。

 

人が愛着を持つ条件を、私は昔から知っています。

 

この二つの条件が重なると、人は愛着を持ちやすくなります。

執着や固着という言い方にも変換できます。しかし、その差は人間にとって微差でしありません。普通の人が明確に判断する事は難しい領域です。本人のみぞ知る心のお話になります。

 

その愛着の条件を紹介しましょう。

一つは時間、二つめがお金です。

 

長く活動を続けていれば愛着も湧きます。そしてお金を払えば人は金銭と交換したその物に価値を高く見出します。

時間とは、すなわち、寿命です。自分の寿命を割いてまで費やした対象を人は大事だと感じるのです。

お金とは、すなわち、覚悟です。生きるためのお金を出してまで選んだ、覚悟の末の対象を人は強く重んじるのです。

物を捨てられない人は上記の影響が強いと思われます。つまりこれは人間の本能なのです。

 

私と今の読者は無料公開という、その程度の価値でしか繋がっていないという事です。

私の作品は、移動時間や暇な時に金もかけずにとりあえず読めるものでしかないのです。

 

今描いている漫画を実際に販売すれば、私の作品に価値を見出してくれている人と、その数が明確になる事でしょう。

 

私はこの虚しい気持ちを、私の活動を記録しているこの場所に書き残しておきたいと思いました。

 

最初は無料公開で満足していられますが、そうじゃなくなる時が必ず来るのだと知りました。

それに気付いた時、嬉しい気持ちでした。やっとモヤモヤが消えたような、向かう先が見えたような気持ちになりました。

 

これで読者に憤りを感じていた理由が明確になりました。

 

そしてもう一つ。

不安要素についてです。

 

これは私の作品にお金を払うだけの価値があるのかという事が起因のようです。

お金を払ってもらう以上、適当な作品にするわけにはいきません。時間をかけて慎重にネームを描いていますが、不安は拭えません。

なぜなら、一発目で商売は左右されるからです。

金を出して買ったのにこんなレベルなの?無料公開の方の漫画のほうが面白いんだけど。と思われてしまってはならないのです。

最初が肝心という言葉がピッタリ当てはまります。

無料公開では許されるものも、有料となるとそうもいきません。

この不安は結果が見えてから解消される問題です。

なので、全身全霊で、私の今までの創作活動の経験全てを注ぎ、漫画を描くのみです。

 

結果は来月か再来月に分かるでしょう。

良い結果がかける事を願います。

 

 

今回は以上です。