読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素人絵師が何かに挑戦するブログ

創作活動の内容や感じたことをひたすら書くブログです。

同人大手作家のSNSアカウントを片っ端から除き見してみた。

創作活動中に思った事

創作活動をしていると、読み手の人は感想や挨拶を送ってきますよね。

とても嬉しくて舞い上がって踊ってしまいそうなテンションになります。

尊敬していますとか、大ファンですとか。

ありがたい事を沢山言って下さるのは大いに有難い事ではありますが、

 

問題はその後です。

 

なぜか読み手たちは会話を重ねていくごとに、徐々に上から目線になっていくような気がして…、先日、仕事先の方から『なんかおまえ、コミュ障悪化してね?』と言われたくらいなので相当人間不信になっているみたいです…。

尊敬はどこいった?

貴様は本当に私のファンなのか?

という違和感といいますか、恐怖心ともいえる感情が芽生えます。

敬語からタメ口は勿論ですが、なんと言うんでしょうか…。

要は、私には読者とどう接したらいいのか分からないのです。

 

大手になる器がないんじゃないのか…。こんな性格だし、小心者で下手に出て、威厳なるものは全く持ち合わせていない。

どうしたものか…。

 

などと落ち込んでいる暇はありません。

こういう時は私情を調査するよりも、市場を調査するに限ります。(突っ込みは不要です)

 

今やネットの時代。

見本はそこらじゅうに転がっているのです。

 

とりあえず私は大手の同人作家さんらしき人達をSNSで探して、少し観察してみる事にしました。

 

挨拶の返事、その人の言葉すべてを含め、ごくごく普通の腐女子たちでした。

二次創作のジャンルについて、『このキャラがこうでああで』、と、その人が考える萌えや意見を延々と語る人が多い印象でした。

あるいは、おそらく本垢が別にあり、ジャンル用に作ったと思われるそのページは更新頻度が少なく、それでも人気があって読者数は五桁を行く人もいました。投稿されている漫画は画力もネタもかなりレベルが高いので納得です。

そんな中、相当努力していると思われる人もいました。数日置きにイラストや漫画を投稿していたり、マメに活動をしている人も。

大手の人でもいろいろな人がいるんだなと思いながら、観察をしていました。

ふと大手作家の人で一部の人に対し文句を言っているのも見かけました。ネタバレどうのって話です。あれを読んで私はその人に対して一気に怖い気持ちになり、関わりたくないかも…と感じてしまいました。

 

短い期間の少ない調査報告ではありますが、今回の話をまとめるとこうです。

 

1、愚痴や不快だと思われるような発言はしない。

2、高レベルな漫画、あるいはイラスト(落書き)を数日置き(5日くらいが限度)に投稿する。勿論毎日更新しても良い。

3、挨拶や返信は柔らかく愛想良く、手短に、誠実に。

 

この三原則を守っていれば、読者は増えていくでしょう。

要は読者を幻滅させないように理想の大手っぽい人でいる事が必要があるのです。

いかに高尚な空気を醸し出せるかがポイントでしょうか。私は天高い人だと思わせてやるのです。

前のブログ記事にも書きましたが、作家と読者は恋愛関係そのものです。

今回もやってみましょうか…。

創作活動を恋愛に置き換えるやつ。

 

1、愚痴や不快だと思われるような発言はしない。(いつも爽やかに、イイ人でいる)

2、高レベルな漫画、あるいはイラスト(落書き)を数日置き(5日くらい)に投稿する。(外見磨きを怠らず、美を定期的に見せ付ける)

3、挨拶は柔らかく愛想良く、手短に、誠実に。(謎を演出し、手の届かない高嶺の花でいる、ただし人柄はイイ)

 

分かりましたね。

創作は恋愛と同じなんです。

 

いえ、恋愛の話はさておき、相手(読者)に『なんかよく分からないけどこの人スゴイっぽい空気がある』と思わせる技術も創作活動には必要なのかもしれません。

 

大手の人を観察してみましょう。

偏りはあるでしょうけど、それとなく上記の3原則は守っていると思います。人に擦り寄らない媚びない感じの人であるのならば、やはり作品が肝になるかと思います。

作品が面白ければ作者の性格は良く見えてくると思います。

 

あなたも是非試してみてはいかがでしょう。

 

参考になれば幸いです。

 

このテーマは以上です。